恋の始まりというのは、恥ずかしさを超えて甘えること。甘えを引き受けることによって始まるもの。どちらかが甘えないことには起きようもないんですね。某有名人のエピソードによれば、羽田空港で転んだところを助けてもらったのがきっかけだそうで。また、ある女性の体験談 ... もっと読む

「彼女のためにこんなにしてきたのに、なんで・・?」あとでケチなことを言いたくなるようだとしたらその関係はお互いのためになりませんね。相手を加害者にしてしまうと自分が被害者になってしまいます。カラダ目当ても、カネ目当ても、それは人間の持つ欲求のひとつですけ ... もっと読む

彼女をもてなそうとして食事を作ったとするじゃないですか。そういうとき、かならず言うんです。「残してもいいからね」と。断る自由もセットで相手に与える。同時に、断られる自分のことも受け入れる。束縛しないことは恋愛のみならず、いい関係性でいるためのルールでしょ ... もっと読む

神の戯れと言いますか、ありえないような奇跡が起きてですよ、逆玉の輿にでも乗れたとしたら過去はカンタンに変えられるのでしょう。年齢や経歴を変更したら詐称ですけども心は何の問題もなく変えられます。昔、不良に囲まれてカツアゲされた恨みも許せる(笑)というか、そ ... もっと読む

もしもダメさを競うダメンズ選手権なるものがあったとしたら、きっと上位入賞するだろうなあ、なんて思って起きる朝がある。そんなとき、ひとしきり思うままに自己否定をするんです。それも自己受容だから。自信のない男っていうのも困りものでしょうけど、自信過剰な男より ... もっと読む

自由になりたいと願い、解放された自分を想像したりするじゃないですか。たとえば、自分に合わない会社を辞めるにしても過干渉の親から自立するにしても自由を求めるなかで大切なことは解放されたその後なんですね。自由になったはいいが、これからどうする・・?また別の苦 ... もっと読む

例えば、出産に際して夫の助けが必要なとき、夫は手伝ってくれない。さみしいとき、相手が素っ気なくて、余計さみしくなる。助けて欲しいとき助けてくれない。そんな不可解な関係性の背景にあるのは、助ける側もまた助けを求めているからなんですね。助ける側も誰かに支えら ... もっと読む

一昨日は台風のような大雨でしたけども一転して快晴。写真ではイマイチよくわからないかもしれませんけど海の色がエメラルドっぽい感じで綺麗でした。綺麗だなあと思うと、あっ、それは僕の投影なんだよね、と心理の基本を思い出しました。エメラルド色の海にボーッと見惚れ ... もっと読む

「こんな自分になりたいな」と目標設定してしばらくしますと、このような気持ちが出てくることってありませんか?「でも、現実には無理だよ・・」という気持ちの揺り戻しです。そのようなときにしてみるといいと思うことは、心の中の「あきらめている自分さん」に気づいてあ ... もっと読む

ストックホルム症候群を描いた実話ベースの映画、「ストックホルム・ケース」を観ました。ストックホルム症候群は毒親との関係や、アダルトチルドレン、自分のことを大切にしてくれない相手に惚れてしまう心理とどこか類似する部分もありそうですね。かつて日本でも、よど号 ... もっと読む

↑このページのトップヘ