ちょっとしたスレ違いに、やさしくできなくなったこと。
よくあったように思うのです。
意地になって、もう連絡しないぞ、とか。
いま思えば、くやまれることですけども
傷つくと心を閉ざしてしまうのです。

すると、きまって後味が悪くて、たまらなくなる。
いらいらして、何も手につかなくなる。
きっと、あの感じこそ罪悪感の現れだったのでしょう。
愛を止めたことが、こんなにも苦しいのだと知りました。

じゃあ、愛って、どこにあるの?
好き好き
Love Love
それは、たぶん違いますね。
そこじゃないと思うのです。
ほんとうに感じている愛、いちばん伝えたい愛。
それは、こんな気持ちの奥に隠れているのでしょう。

あのとき、もっとやさしくできていたなら・・
大切にしたかったのに、大切にできなかったこと。
やさしくしたかったのに、やさしくできなかったこと。
愛って、ここを通らないと見えてこないと思うのです。

いまならわかります。
この気持ち、お互いの気持ちだったのだろうなって。
気持ちって、自分の気持ちだけだと思ってちゃいけないんですね。 
感じてる気持ちは、実は同じもの。
自分の痛みばかり見てたら失う、その理由はここにあるのでしょう。
このつらさ。
この苦しさ。
この愛おしさ。
もし、あの人も感じていたのだとしたら、
さぞやつらかったことでしょう。
芳久

IMG_1370