なぜ、男と女は、わかりあえなくなってしまうのか・・
ずっと心に引っかかっていて。
カウンセラーになりたくて学び始めた心理学も
じつは、それをわかりたかったからなのかもしれません。

愛と犠牲の違いを扱ったテーマが好きでした。
あのときの愛し方は、愛だったのか、それとも犠牲だったのか。
苦しい関係になってしまうのはなぜ・・?
自分という心が見えてくると楽しくなってきました。
そうして、色々とわかってきたことがあります。

ケンカして、プイって、そっぽを向いて。
傷ついたんだぞーって苦しんでいたけれども、
ほんとうのところは、相手を許せなくなっている、その心が苦しかったのです。
だから、相手に謝って欲しかった。
なにか許せるようになれるきっかけが欲しい、って。
これも相手に求めているニーズなんですけども・・
だから相手には、そんな態度が情けない甘えた態度のように見えたのかもしれません。

許せなくなっている自分がいるということ、それがつらい。
私たちのすべての苦しみの本質はここにあるとわかったとき、
ごめんなさい、っていう言葉、これも愛の言葉なんだとわかりました。
ごめんなさいには許して欲しいという自分の側の気持ちもあるけれど、
同じように許せなくて苦しんでいる相手の気持ちを解放する意味もあると思うのです。

たぶん、いまなら、また違っていたことでしょう。
許せないって、つらいよね。
仲直りしたいのにできないって、悲しいよね。
だから、ごめんなさい、と言える。
あなたのためにも言おうと思える。

これも「与える」ということ。
心から愛する愛し方のひとつ。

With my whole heart.

遅ればせながらも、愛の意味に気づくたび、
ハートが強くなっていくような気がするのです。
芳久


IMG_1666