IMG_2369

『中原淳一』展を観に行ってきました。
戦前から戦後にかけての大動乱のときに『ほんとうの美しさと豊かさ』を追求し、女性らしさの美を表現し続けたデザイナーです。
戦時下においては言論統制はじめ表現の自由を奪われ、編集していた女性誌を休刊するなどアーティストとして不本意な決断をし、不運な目に遭いながらも諦めることなく一貫して女性のための美しさと豊かさを表現し続けたその情熱と作品の精緻な深みに触れて深く感動しました。


さて、今日の本題に入っていきたいと思います。
過去の出来事を思い出して後悔したり、つらくなったりしたとき、どうしていますか。
悔やむ気持ちが強いほど心を痛めるものですけども、自分を責めるようなことはしないほうがいいですよね。
ネガティブな気持ちを持ち続けていると心苦しいだけではなく精神性の本質である魂の輝きを曇らせてしまいます。

過去の失敗がどうしても許せないならば自分を責めたりするのではなく、冷静になって過去を振り返ってみませんか。
反省して教訓にするというのも方法ではありますけれど、今日おすすめしたいのは『再選択』というある種の時空転換の方法のひとつ。
いまの視点から、あらためて選び直すということです。
『あのとき、ほんとうはどんな自分であるべきだったのか・・?』
月日が経って成長した今の自分の視点から当時の状況を見つめたとき、内なる神の意識(愛の意識)から選択することができるでしょう。
きっと当時とは違う考え方をしているはずです。
そこで感じる感覚は誇らしいものでしょうし、不運に対しての受け止め方も当時とは異なる意識で受け止めていることでしょう。
そのようにして今の私のいる意識から再選択をすると、過去のネガティブなパターンを解放して癒すことになります。
つらい過去は意識を選び直して見つめることによって私たちの心のスペースを拡大し、豊かにし、自己信頼の力をつけていくことになるのです。

また、さらには、過去の楽しかった出来事や嬉しかったことにも意識を向けてみましょう。
あらためて『今の意識から再選択』をして、より一層ハートを開いて喜びを受け取るのです。
そこで感じる感覚は、どのようなものでしょうか。
心を曇らすものが無い、喜び溢れる穏やかな感覚こそ、私たちの誰もが持つ本来の純粋な輝きなのです。

誰もが本来もつピュアな輝きを知り心豊かに過ごされますように
芳久

IMG_2364

IMG_2365

IMG_2366


IMG_2368

IMG_2371