タグ:恋愛相談

来週から春の彼岸。暑さ寒さも彼岸までという言葉のとおり、だんだんと春らしくなってきたように感じます。寒さから暑さへと移りゆく季節の流れは大きな変化のときであると言ってもいいのでしょう。この世の日常を幸せなものとするか、それとも、苦しいものとするか。その心 ... もっと読む

夫婦関係を始めとして、相手の人の外見(そとみ)ではなく、内面を見て、そこに美しさを見出すことは大切なことかと思うのです。とかく、その人のネガティブな発言や態度にばかり注意が引かれてしまって嫌な気持ちになるものですけども、そこから一段視点を高めて、その人の ... もっと読む

5月のカウンセリングをすこし振り返ってみますと、クライアントさんに共通するテーマとしてあがってくるのは、「過去に捉われすぎて苦しくなっている」ということでしょうか。具体的なテーマは各自違っていても心の深い部分では何かしら関連するところがあるものと思います ... もっと読む

不倫に関するご相談は多いものです。遊び相手が欲しいといったものから、寂しさの穴埋めや満たされない心の空虚さ。そして、映画「失楽園」さながらの命がけの不倫まで。不倫にもさまざまなケースがあります。なかでも、現代型不倫と言われるものの特徴を表しているものがテ ... もっと読む

心の鎧を解いてパートナーシップを築いていくためには、力づくでは無理なのでしょう。相手の非を責め立てるほど心を閉ざすものです。かといって、従順にやさしいだけでもダメなんですよね。「それはできません。私はこう思うのです」ノーと言うべきところはきちんと伝え、愛 ... もっと読む

趣味は妻。毎晩、寝る前におやすみなさいの握手をする。俳優の藤竜也さん(81歳)は6歳年上の奥さんとの関係についてそう語っていました。上手く言葉にはできませんけれど胸の熱くなるような内容の記事でした。思わず、「男は、こうでなくっちゃ!」なんてブログに書こう ... もっと読む

なぜ、男と女は、わかりあえなくなってしまうのか・・ずっと心に引っかかっていて。カウンセラーになりたくて学び始めた心理学もじつは、それをわかりたかったからなのかもしれません。愛と犠牲の違いを扱ったテーマが好きでした。あのときの愛し方は、愛だったのか、それと ... もっと読む

ちょっとしたスレ違いに、やさしくできなくなったこと。よくあったように思うのです。意地になって、もう連絡しないぞ、とか。いま思えば、くやまれることですけども傷つくと心を閉ざしてしまうのです。すると、きまって後味が悪くて、たまらなくなる。いらいらして、何も手 ... もっと読む

男の自信は彼女のおかげ。そんなことを書きますと、「それは彼女に依存しているのでは?」と思ったりもするかもしれませんね。でも、それは杞憂です。感謝の感度が低いのが依存ですから。自分の欲求ばかりに気持ちが傾いて、与えてくれる人の気持ちが見えなくなっている状態 ... もっと読む

ときに、落ち着けそうな静かな場所で、思い返してみたいと思うこと。それは自信を与えてくれた人のこと。ところが僕たち男って、どうですか?筆者だけじゃないと思うのですけど、ちょっと上手くいくと、すぐ調子に乗っちゃって。自分一人で偉くなったような気持ちになる。そ ... もっと読む

↑このページのトップヘ