タグ:自己実現

ケンカのときに見失ってしまう残念なこと。それは、相手の気持ちなんですね。きっと私のことを嫌っているはず。そのように決めつけてしまいますけども、じつは、そこに誤りがあるようです。見失ってしまうのは相手の悪態の奥に隠れている真意。私とわかりあえないことがどれ ... もっと読む

過去を許せていますでしょうか・・?誰かとケンカしてしまったこと。傷つけるようなことを言いあってしまったこと。正しさにこだわって意地を張りあったこと・・きっと、いろいろありますよね。心が成熟してくると、人のせいにすることが減ってくるようです。すべては自分の ... もっと読む

幸せって何かと言えば、心を愛で満たすこと。好きって思えるものがどれだけあるかがそのバロメーター。もっとちゃんと言えば、「許し」どれだけ許せない人を許せているかなんですけども、許しにくい人をウンウン唸って許そうとしても上手くいかないのです。そうではなくて、 ... もっと読む

なぜ、男と女は、わかりあえなくなってしまうのか・・ずっと心に引っかかっていて。カウンセラーになりたくて学び始めた心理学もじつは、それをわかりたかったからなのかもしれません。愛と犠牲の違いを扱ったテーマが好きでした。あのときの愛し方は、愛だったのか、それと ... もっと読む

ふつう、おとこは泣いちゃいけないんです。子供の頃のケンカで、泣いたら負け。そんなルール、文化みたいなものがありました。おんなの子は泣いてもいいけど、おとこの子は泣いちゃいけない。だから、どんなにぶたれて痛くても、悔しい目にあわされても絶対泣いちゃいけない ... もっと読む

ちょっとしたスレ違いに、やさしくできなくなったこと。よくあったように思うのです。意地になって、もう連絡しないぞ、とか。いま思えば、くやまれることですけども傷つくと心を閉ざしてしまうのです。すると、きまって後味が悪くて、たまらなくなる。いらいらして、何も手 ... もっと読む

若いうちは愛されることのプライオリティが高くて、ある意味、自分のことしか考えていなかったと思うのです。愛しているつもりだったけど、実は、愛されたくて愛していたんだなって。そんなふうに思えるようになれたとき、ちょっと大人に近づいたのかもしれないなと思うので ... もっと読む

味方になってくれる人が一人いるだけで人って変わっていけると思うのです。たった一人でもいいから。誰かが味方になってくれたら、どうでしょう?自分では許せない自分を、代わりに許してくれる。好きになれない自分を、代わりに好きになってくれる。もうダメだ・・って諦め ... もっと読む

ときに、落ち着けそうな静かな場所で、思い返してみたいと思うこと。それは自信を与えてくれた人のこと。ところが僕たち男って、どうですか?筆者だけじゃないと思うのですけど、ちょっと上手くいくと、すぐ調子に乗っちゃって。自分一人で偉くなったような気持ちになる。そ ... もっと読む

花に喩えてみれば、私は私らしく咲きたい。すでに咲き始めているものたちを羨ましく思うこともなく。まして、自らを蔑むことによって、さみしさから身を守らんとするのでもなく。私は私を咲かせていきたい。望む未来の私のままに。もしかしたら、私だけ色や形が少し違うかも ... もっと読む

↑このページのトップヘ